職種によって異なる看護師の収入事情

 国家資格を有する看護師として働く魅力の一つに収入の高さがあるものの、長らく看護師として働いていると収入の低さを悩みに持つようになる場合も少なくはないでしょう。
仕事を始めた当初から比較的給料が高かったことを受けて、その当時からあまり収入が高くなっていないのに気づいて不満に思う人もしばしばいるようです。
そのときに考えてみると良いのが転職する方法であり、それまでのキャリアを活かして転職できれば、飛躍的に収入が上がることが期待できます。

 職種によって給与水準が大きく異なるのが看護師業界の特徴であることに加えて、年齢や経験によってその水準にも差があります。
思い切って高収入を得たいと考えて転職をしてみると、自分のキャリアのお陰で今まで以上に高い給料で雇ってもらえるということはよくあります。
ただし、同じような環境へ転職しようとしてもそれほど大きな年収の向上は見られない場合も多く、思い切った転職が必要なことが多い点は留意しておきましょう。

 例えば、臨床で働いていると収入が伸びにくいため、臨床経験を活かして働ける別の職場を探すのは賢明な方法です。
高収入の待遇をキャリアによって実現した上で、その後の昇給も期待できる職場を探せば、転職を繰り返す必要はありません。

 臨床現場の場合は、診療報酬の制度上で定められているものが職場の収入になるため、簡単には看護師の昇給を行えない実情がありますが、企業などの場合には、成果に応じて収入が変化するため、会社に貢献した人ほど昇給の可能性が高くなります。
こういったことも考慮して、臨床の現場にこだわらない仕事選びをすれば、高給与を得るための選択肢も広がることでしょう。

2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー
アーカイブ